入れ歯で後悔したくない方へ~名医のいるクリニック選びのコツ
HOME >  入れ歯治療の名医をお探しのみなさんへ >  入れ歯安定剤が売れてはいけない!

入れ歯安定剤が売れてはいけない!

今日は、入れ歯安定剤についてお話いたしましょう。

以前から気になっていたことですが、入れ歯で困って来院された患者さんのほとんどの方が、入れ歯安定剤を使っています。

入れ歯安定剤が年間1億円も売れている現状を憂う

患者さんは訴えます。「入れ歯安定剤がないと、入れ歯が落ちてしまって困ります。どの入れ歯安定剤が良いのでしょう?」そんな時、私は、答えに困ってしまいます。

今まで私の行った治療で、入れ歯安定剤を必要とした患者さんが、ただの一人もいないからです。どうして、入れ歯安定剤が売れるのだろう?私は、むしろ、ずっと前からとても不思議に思っていました。

入れ歯安定剤は必要ないのが、普通の入れ歯治療だと思っていたのですが、しばらく前から、世間ではそうではないらしいことを知りました。

日本の入れ歯安定剤の市場は、1億円とも言われています。これは、それほどほど多くの方の入れ歯が、入れ歯安定剤を使わないと、機能しないということです。

歯科医師として、入れ歯安定剤が売れているという事実は、とても残念なことです。

入れ歯安定剤を使わなければならない入れ歯を、患者さんに提供してしまっている事実を歯科医師は、厳粛に受け止めなかればならないと、思います。

入れ歯安定剤を使わずに、噛めることが大原則

確かに、入れ歯は、歯科医師の診査、診断、技術の差がとても大きく出る治療法です。また、すぐに結果が出るという点でも、他の医科の治療とも違う性格を持っている治療です。

たとえば、胃の手術など、終わったすぐ後に、患者さんにとってそれが上手な治療だったかそうでなかったか、自分の目で見えるわけはありません。

その日のうちにうまい治療かそうでないか、わかるものではありません。

しかし、入れ歯は、作ったその日から、調子が良いか悪いかはっきりとするものです。それだけ、歯科医師の技術力がはっきりとするものでもあります。

入れ歯安定剤が多くの患者さんに売れているということは、それだけ、患者さんの満足の出来る入れ歯を歯科医師が提供できていないとも、考えられるでしょう。

私は歯科医師として、日本の入れ歯安定剤の市場がもっともっと縮小すべきだと、切に願います。

少なくとも、萩原歯科医院にいらして下さった患者さんには、入れ歯安定剤を使わずに済む治療を提供しています。

入れ歯治療は、とても多くの要件を勘案しながら治療をしなければなりませんし、さまざまな経験も必要になる場合もあります。

しかし、大学を出たばかりの、まだ駆け出しの歯科医師だったころの私でも、入れ歯の勉強をして、丁寧に、手抜きをせずに治療を行うことで、入れ歯安定剤を使わない入れ歯治療ができていました。

第一、患者さんが入れ歯安定剤で、正しい位置に入れ歯を装着することは大変難しいことであり、かみ合わせ位置のずれを起こしている方をたくさん見かけます。

また、入れ歯安定剤の材料が、短時間で劣化することも好ましいことでないと思います。入れ歯は、入れ歯安定剤を使わずに噛めることが大原則です。

噛める入れ歯治療に取り組む歯科医院の選び方

入れ歯安定剤を使わない入れ歯治療があることは、わかったけれど、今までそのような歯科医院に行ったことがないという方が本当に大勢いらっしゃることも、残念ながら、事実です。

どういう歯科医院を選ぶかどうか、基準がわからない方には、以下のようなことをやっているかどうかを確認することも、噛める入れ歯治療に真剣に取り組んでいる歯科医院選びの一つの参考になるでしょう。

  • 今のお口の状態の不自由さ希望を歯科医師が、しっかりと聞いてくれること
  • 必要にして、十分なお口やその周囲の検査を十分に行うこと
  • 入れ歯によって残っている自分の歯が弱くならないような設計ができること
  • 将来を見据えた治療法を検討、計画できること
  • 方法、費用、期間、回数を十分に説明し、患者さんが納得されてから治療に入ること
  • 1回の治療時間を細切れにせず、ある程度の治療を進めていくこと(萩原歯科医院では、1回の治療時間は1時間以上となっています)
  • 歯周病、虫歯、口腔清掃指導を併用して行うこと
  • 必要に応じて、最終義歯のまえにトレーニング義歯を作り、かみ合わせや審美面での調整を、最終義歯作成前に十分に行うこと
  • 会話や食事のときの状態までも考慮した型どりを一切の手抜きをせずに行うこと
  • 噛み合わせの高さ、顎の関節の本来の位置を考慮したかみ合わせの位置を決めること
  • 口を閉じたとき、また、口を開けた時の歯の見え方を考慮した歯の大きさや位置、並び方を考えること
  • お口の周りの皮膚のハリ、しわの状態を考慮すること
  • 最高の技術を持った技工士との共同作業によって義歯を製作すること

入れ歯治療は難しい治療だからこそ、しっかりと取り組んでいる歯科医院選びは何より重要です。

野生動物の現実“食事ができないこと”=“死”

「入れ歯は、噛めなければ意味がない」と、私は思っています。

なぜなら、噛むことは、大変重要な人間の営みの一つだからです。人間の体は、口から食べたものによって、できています。

野生動物は、自分で食べられなくなることが、そのまま“死”を意味します。

物を食べて、自分の体の元を作る、エネルギーを得る、その最初のステージである噛めることが、どれほど大切か、噛めなくなった方のお話を伺うたびに、その切実さを感じています。

今までどこに行っても、噛めない入れ歯で困っていた方で、もし、相談ができる歯科医院がない方は、どうぞ、萩原歯科医院の日曜相談会をご利用ください。

先日の相談にお見えになった方はおっしゃいました。

「ようやく、私の歯科医院探しの旅が終わりました。」

入れ歯や、インプラントだけでなく、または他の分野でも、何かお悩みがあって、相談したいことがある方も、どうぞ予約による日曜相談会をご利用下さい。

メール相談も行っております。

萩原歯科医院は、家族に行かせたい歯科医院をコンセプトにして、作られている歯科医院です。歯に関する様々な悩みのある方は、医院特設サイトをご覧ください。

噛めない入れ歯は意味がない

http://www.ireba-info.jp/

「入れ歯+インプラント」という新しい選択肢

http://www.ireba-implant.com/

私の家族に受けさせたい歯科治療 萩原歯科医院

http://www2u.biglobe.ne.jp/~hagiwara/