入れ歯で後悔したくない方へ~名医のいるクリニック選びのコツ
HOME >  入れ歯の不安解消Q&A >  入れ歯治療編

入れ歯治療編

ここでは、入れ歯の治療に関するよくある質問をまとめています。

入れ歯治療の疑問はここですっきり解決

入れ歯を作ろうと考えている方が知りたいと思う、治療に対する疑問を私なりにピックアップしてみました。

治療は、クリニック内で行われているため、なかなか情報が入らなかったり、直接先生に聞きづらかったり、疑問が多いと思います。そんな内容をここでまとめて解説していますので、参考にしてください。クリニックに通う前に、下記のような知識はつけておいた方がスムーズだと思います。

Q1 入れ歯の治療期間はどのくらい?

ひとりひとりの歯の状況、通う頻度などもあり、一概には言えないのですが、一般的なクリニックでは、入れ歯を作り始めてから使いこなすようになるまで2ヶ月が目安だと言われています。通うクリニックによっても方針が異なり、同じような入れ歯を作る場合でも期間は違います。

しかし、忙しいからといって、ちょっと通って簡単に作ってもらえる病院が良い、というのは考えものです。歯の状況は、ひとりひとり違い、精密な検査をして、かみ合わせなどを確認していく過程が大事です。できるだけ、時間をかけて歯をチェックし、入れ歯の型取りに時間をかけるのが実は良い歯医者なのです。

ひとりひとり違う複雑な歯を丁寧に見て入れ歯を作ってくれる良心的なクリニックを探しましょう。せっかく作ったのに合っていなければ、うまく噛めずまた作り直しになることもあるので、じっくり取り組んでもらえる先生を選んだほうが得策です。

Q2 入れ歯にはどんな種類があるの?

入れ歯の種類は大きく分けて2つで、歯が全てなければ「総入れ歯」、歯が1本でも残っていれば「部分入れ歯」を作るということです。その他の方法として、インプラントは歯のない部分に人工の歯根を埋める治療方法、ブリッジは、両隣の歯を削って連結した人工歯で橋をかける方法で、いわゆる取り外し式の入れ歯とは違います。

入れ歯は、人工歯の違い(レジンプラスチックやセラミック、メタルなど)、歯茎部分である床の作り方や材料の違いなどによってその種類は様々です。保険適用のものから精密なものでは、保険外の自費のものまであります。

代表的な種類

  • 保険内
    ・部分入れ歯
    ・総入れ歯
  • 保険外
    ・金属床義歯(義歯床が金属の入れ歯)
    ・アタッチメント義歯(入れ歯と歯に、精密な装置などを取り付けるもの)
    ・インプラント義歯(顎にインプラントを打ちこみ、土台にして入れ歯を装着) など

Q3 入れ歯治療の治療の流れはどのようなものか知りたい。

病院や先生によって、個人の状況によっても違いますが、基本的な流れを解説します。

  1. 初診(カウンセリング)で、これまでの治療暦や悩みなどを先生にご相談します。検査などを同時に行うこともあります。
  2. 口腔内の検査、レントゲン撮影、顎模型を作り、患者さんの希望などを取り入れながら、歯科医師が具体的な治療計画を立てます。 
  3. 入れ歯のための、歯や顎の粘膜の型を採ります。
  4. 歯の上下、水平な位置関係を確認してかみ合わせを整えます。
  5. 試作の入れ歯で歯並びや歯の見え方、口の周りのふくらみの様子など、出来上がりの状態を確認。歪みや変形をチェックしつつ、最終的に入れ歯が完成します。

その後、完成した入れ歯を実際に使っていただきながら、調整を加え、ご自身の体の一部になるようにしてきます。

Q4 健康な歯も抜かなければならないのですか?

部分入れ歯の場合は、健康な歯を残しつつ、部分的に入れ歯を作るという方法ですので、残っている歯が、入れ歯の維持に耐えられるかどうかの診断が大切になります。
その診断を誤って、弱い歯にバネなどをかけてしまうと、バネをかけた歯がぐらぐらになって抜けてしまうことも起こります。
全く治療をしていない歯でも、歯周病で支えている骨が失われていることも多く、入れ歯治療で歯を抜くか残すかの判断には、歯周病の状況を的確に見極めることも重要です。
こうした歯の状況による判断だけでなく、クリニックの治療方針によっても、異なることがありますので、まずは、入れ歯を作ろうと思っている歯科医師に相談して、説明を受けてみることをお勧めします。

当たり前ですが、歯は一度抜くと二度と元にはもどりませんので、治療計画を医師としっかりと話し合い、きちんと納得をして後悔のない治療を行いましょう。

Q5 治療中は仮の入れ歯は作ってもらえる?

入れ歯を作るとなると、どうしてもある程度の時間がかかります。その間は、仮の入れ歯を作ってほしいという患者さんのご要望は当然のことだと思います。失った歯の場所や本数にもよりますが、食べやすさだけでなく、仕事や、お付き合い、日常生活を送る上で、見た目は大変重要で、当院では、見た目に支障がある場合は必ず、仮の入れ歯を作ります。治療を受ける歯科医師の方針にもよりますが、治療を始める前に、仮の入れ歯についてしっかりとご相談されると良いでしょう。